それでも彼でよかった

 

こんにちは、みのいです。

 

このブログの投稿がいつになってるか、わからないけど。個人的にこんにちはって万能な気がするのでこんにちはで始めます。

 

前回のブログ読んでくれた方はありがとうございます。今回は少し明るいブログを書こうかなと思ってます(どうなるかはわからない)

 

 

私、みのいは先日高橋健介と出会って300日が経ちました。(10/31 現在315日)

ここまでの期間本当にあっという間だったけど、あっという間と言う割には色々あった(今度機会があればお話します)

 

彼を推すきっかけは昨年のライブでのこと。

 

 

当時私は彼の演じている役は苦手の部類だった。

変な人だし、すぐ怒るし、可愛いところなんてないと思っていたけど

そのイメージを変えてくれたのが彼だった。

初めてそのキャラクターに対して可愛いと思ったし、初めて彼のことを理解できたような気がした。

彼のイメージが一気に変わった。

 

 

それに対して私は素直にすごい俳優さんだと思った。好印象だったのに一気に「なんだこいつ」と思わせるのは簡単だけど、

それを逆にするのは相当なことだと思う。嫌いな食べ物を好きな食べ物にするのは難しいし。

それから気になりだして、自分なりに一生懸命彼のことを知って気がついたら彼のことを追っていた。

 

彼に出会ってからはとても楽しかった。

それはきっと、前に辛い思いをしたからで久しぶりに私は

"推すことが楽しい"を思い出した

 

 

一気に彼は私の中で1番になって、

存在は大きくなっていた。

 

それと同時に好きなものが同じ人に拒否反応を覚えていった。

この界隈にきてから私は初めて、同担拒否や各一を味わった。昔いた界隈では

同担他担みんな友達ニコイチって感じだった。

 

でもこの頃から割と同担に対して傷つくことがかったから、昔から同担拒否の素質はあったと思う。

 

 

私は現在同担拒否の各一だけど、ふと見かけた同担(?)のツイフィに

"厄介な"同担拒否や各一ではありませんと書いてあってびっくりした。

 

人から見たら私って厄介なんだって思った。

でも、それでもそんな事言われても

もう二度とあんな思いをしたくないし、同担に対して一喜一憂もしたくない。

小さい頃に1位にこだわったように、今だって何かの1番でいたい。

たった一人の何者かでいたかった。

 

同担拒否だって意味があるし、人生でたくさん嫌な思いをしてるんだから

自衛ができるTwitterでしてもよくない?って思う。

だから誰でも見れてしまうようなTwitterにそういう事をあまり書かないでほしいと思ってしまう。

 

 

 

話は少し変わるけどよく「リアコなの?」って聞かれることが多くなった。

 

私自身リアコではないと思ってるし、ただ彼を応援したいだけで、彼氏にしたいとかではない。

きっと彼氏にしたら、今まで知らなかった嫌な1面が見えてきて嫌いになる気しかしない。

ただ板の上にいる彼が好きで、彼が夢を追いかけられるように支えていきたい(金銭的に)

 

多分彼に一喜一憂するのは

周りの同年代の女の子達が彼氏や好きな人に一喜一憂していたり、恋バナをして盛り上がるのに対して

自分は彼氏がいないから高橋で埋め合わせしてるんじゃないかなって思った。

(と言っても埋め合わせるために好きになった訳ではなく、好きだから埋め合わせのようになってしまってるのかもしれない)

 

 

色々ペラペラと喋ったけど

同担に厄介だと言われても、すごい過激発言を言われたり(自重します)、

どんなに嫌な思いをしても私は彼を推しててよかったし、

彼でよかったと私は今でも思う。

 

出会えてよかった。

最後を迎えるその日まで私は彼に対して一喜一憂していきたい。

 

以上みのいでした。